経産省、クリーンエネルギー自動車導入・インフラ整備を支援 企業のSDGs・災害施策に活用可

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年11月29日
376017454_800

経済産業省は11月26日、「令和3年度補正予算案」に電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)・燃料電池自動車(FCV)の購入、および充電・水素充てんインフラ整備のための補助金が盛り込まれたと発表した。

企業や個人で購入する対象車両に対し、EVでは最大80万円まで補助金を拡充。また、EV・PHV向け充電インフラを導入する企業に対しても、設備工事の費用の一部を補助する。

災害時に非常用電源として活用 地域への貢献・SDGs目標の達成にも

同補助金は、2050年カーボンニュートラルの実現に向けたもの。環境性能に優れ、災害時にも非常用電源として活用可能な車両について、需要創出および車両価格の低減を促す。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Web会議の悩みは「テレキューブ」で解消! ポストコロナを見据えた会議室の在り方 PR
  • 「電話」が変われば働き方も変わる! 固定電話の悩みを解決 Teams電話でリモートワークを一気に加速 PR
  • 情報収集が危機管理の鍵 正確性と即時性を兼ね備えたサービス PR

特別企画、サービス