導入から1年、働く場所・道具・時間を柔軟に選べる制度 フルリモートで生産性に変化は

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年10月12日
AdobeStock_430920558_20231012

サーバーワークス(東京都新宿区)は10月11日、働く場所や道具などを自由に選択できる同社の制度について全従業員にアンケートを行い、約8割の社員が生産性の向上を実感していると回答したことを明らかにした。

8割以上は「勤務地の柔軟性」が生産性に高く寄与していると感じている

同社は、働くための場所・道具・環境整備において、最も生産性の高い就業環境を社員が選択できる「クラウドワークスタイル」制度を2022年3月から導入。運用開始から1年を経て、全社員を対象に「働き方と生産性に関するアンケート」を実施した。その結果、同制度や仕組みが自身の生産性を向上させていると回答した人の割合は83.5%に上った。

特に生産性に高く寄与している項目として最も多かったのは、「はたらく場所の柔軟性」で85.5%。「はたらく時間の柔軟性(62.1%)」や「各種手当(53.8%)」に大きな差をつけた。

「クラウドワークスタイル」の中で特に自身の生産性に高く寄与していると感じるものは何ですか?」

同社は、2024年2月期の成長率を130%以上と見込んでいる。クラウド市場の拡大による需要増加などの追い風に加え、「クラウドワークススタイル」制度の導入による社員の生産性の向上が、企業の売り上げアップにつながっていると見ている。今後も出社を強制することなく、社員が自身に適した仕事環境やライフスタイルに合わせて、勤務方法を選べる自由な働き方を継続していくことを明言した。

勤務地は日単位で選択、業務用に個人端末を選択した場合は手当を支給

「クラウドワークスタイル」制度は当初、出社を前提とした在宅勤務の制度だったが、2022年3月に、以下のように大幅に刷新した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス