廃棄物処理委託における失敗例から学ぶ! 契約で陥りやすいミス回避術

委託基準違反に要注意! 産業廃棄物処理業者の不正であなた自身が「懲役刑」になる可能性も

行政書士エース環境法務事務所 行政書士 尾上 雅典
最終更新日:
2023年11月10日
202310j_00

総務初心者が押さえておくべき廃棄物処理の実務」では、総務担当者として、企業として最低限これだけは行っていなければならない、必須の実務について解説しました。本企画では、廃棄物処理委託契約書など委託契約に焦点を当て、実例を交えて3回にわたって注意点を紹介していきます。今回は、委託基準違反に当たる例とともに、その罰則や法的根拠について見ていきます。

行政機関から産業廃棄物委託状況について確認されたら……

行政機関から

「貴社が委託をした産業廃棄物処理業者(A社)が、貴社の委託分が含まれる大量の産業廃棄物の不法投棄を行ったので、貴社の委託状況を調査することになった。ついては、A社との産業廃棄物処理委託契約書とA社に交付した産業廃棄物管理票の写しを持参の上、○月○日に、○○県庁の廃棄物対策課まで来庁されたい」

という文書が届いたら、あなたはまず何をするべきでしょうか?

「届いた文書の内容を早急に上司に報告する」ことは、もちろん不可欠の対応となりますが、産業廃棄物処理委託の担当者の場合は、上司に判断を丸投げするよりも先に、行政機関から届いた文書にも書かれている「A社との産業廃棄物処理委託契約書とA社に交付した産業廃棄物管理票に法的な問題点があったかどうか」を確認することが、最優先事項となります。

事実確認の結果、産業廃棄物処理委託契約書と産業廃棄物管理票に法的な問題がなければ、上司に「廃棄物処理法に照らして、当社の委託方法に問題はなかった」と報告し、○○県庁に指定された期日に証拠書類を持参・開示すれば、「当面の間」○○県庁から法的な責任を追及されることはありません。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

onoemasanori

行政書士エース環境法務事務所 行政書士
尾上 雅典

1995年兵庫県庁に入庁。2001年度~2003年度の3年間地方機関において産業廃棄物の規制、事業者の指導・監督、許認可業務などに従事。2005年兵庫県を退職、行政書士事務所を開業。「実務と行政の考え方の両方に精通した法務アドバイザー」として、廃棄物管理に関する従業員教育、市場開拓・事業承継のアドバイスなど、廃棄物処理法に特化した法務サービスを提供している。著書『最新産廃処理の基本と仕組みがよ~くわかる本』(秀和システム)。

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス