ヤマト運輸、2024年も運賃値上げ 大型サイズとクール運賃など 今後も毎年度見直しする予定

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年01月15日
ogp20230131ka_1

ヤマト運輸(東京都中央区)は1月12日、4月1日から宅急便の一部運賃を値上げすると発表した。値上げするのは個人向け「180サイズ」「200サイズ」と「クール宅急便」の付加料金など。

個人顧客の宅配便が対象、地域により異なる値上げ率

全体の値上げ率は約2%だが、サイズや届け先により運賃改定率が異なってくる。

たとえば、関東から関西に値上げ対象となるサイズの荷物を送る場合(現金決済)、値上げ幅は以下の通り。

  • 180サイズ 現行3730円が、改定後は3730円(現状維持)
  • 200サイズ 現行4390円が、改定後は4500円(プラス110円)

また、関東から中国・四国に荷物を送る場合では、値上げ幅は以下のようになる。(現金決済)

  • 180サイズ 現行3870円が、改定後は4090円(プラス220円)
  • 200サイズ 現行4530円が、改定後は5190円(プラス660円)

クール宅急便の付加料金はサイズにより、55円から110円の値上げ。

ゴルフ宅急便は「140サイズ」(上限)を適用していたが、宅急便サイズでの査定を廃止し、キャディバッグ規格へ変更し、値上げ後の差額は同エリア内の場合、プラス320円となる。

「外部環境の変化を反映」年度ごとに金額見直し 法人契約は別途協議

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス