政府調査よりも実際の残業時間は多い? それでも平均残業時間は過去最少に、ノー残業デーなど奏功か

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月10日
AdobeStock_413092354_20231110

オープンワーク(東京都渋谷区)は11月9日、定点観測している「日本の残業時間」の結果を公表し、7月~9月の平均残業時間が2014年に集計を開始以降、最も少なかったと発表した。

7月~9月の月当たりの平均残業時間は22.76時間。前四半期に当たる4月~6月の月当たり平均残業時間は23.43時間で0.67時間減少した。一方でオープンワークの調査は厚生労働省調査に比べて10時間近く残業時間が多く、政府調査と民間調査でかい離が生じていることも判明した。

「不動産・建設」「行政・学校」などの業界 前四半期比で減少

オープンワークの調査を業界ごとに7月~9月と4月~6月の平均残業時間で比較すると、最も平均残業時間が減少したのは「不動産・建設」(月当たり30.50時間)で1.43時間減少した。1.30時間減少した「行政、社団法人、学校法人」(月当たり30.50時間)、1.22時間減少した「サービス、小売、外食」(月当たり20.02時間)と続いた。

業界別の平均残業時間
業界別の平均残業時間

一方で7月~9月の残業時間が増加した業界は「マスコミ・広告」(月当たり30.50時間)で4月~6月に比べて1.22時間増加した。

政府調査には含まれない「隠れ残業」「サービス残業」

オープンワークの調査では月当たりの平均残業時間は22.76時間だったが、厚生労働省が2月に発表した22年度の毎月勤労統計調査によると、一般労働者の所定外労働時間(残業時間)は平均13.8時間で、オープンワークの調査とは10時間近い差が生じている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス