日経BP、24年版「女性が活躍する会社BEST100」を公表 上位各社の女性のキャリア育成は

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年05月09日
AdobeStock_403996905_20230509

日経BP(東京都港区)らがまとめた2024年度の「女性が活躍する会社BEST100」が5月7日に発表された。総合ランキング1位は、3年連続で資生堂(東京都中央区)が獲得した。

女性活躍の実態を、管理職登用度など4つの指標で数値化

同ランキングは、「働きがい」と「働きやすさ」に焦点を当てて、企業における女性社員活用の実態を、4つの指標で測定し評価する。

管理職登用度部門
女性役員数、管理職に占める女性の割合を評価。社内・社外取締役の人数も評価対象
女性活躍推進度部門
女性活躍の専任組織の有無や、女性社員向けの研修制度などを評価
ワークライフバランス度部門
年間総労働時間や有給休暇取得率、男女社員の育休取得率などを評価
人材多様性度部門
女性社員の比率や勤続年数などの定着率を評価。障がい者雇用率やLGBT理解促進の施策も評価対象

各部門上位に選ばれた企業の取り組みとは?

総合ランキングで1位となった資生堂は、2017年に女性リーダー育成塾を開講、2024年には国内グループの女性管理職比率が初めて40%を達成するなど、女性社員の人材強化に力を注いできた点が評価された。なお、同社は今回、管理職登用度で1位、人材多様性度で2位となった。

その他、各部門のトップ・上位企業の取り組みは以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス