「天気痛」発症率トップは徳島県、3人に1人が週2回以上症状に悩まされる ウェザーニューズ調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年06月09日
AdobeStock_292937755_20230517

ウェザーニューズ(千葉市美浜区)は6月8日、「天気痛2023」の調査結果を公表し、「日本人の7割近くに頭痛などの『天気痛』の自覚がある」、「女性の半数以上が天気痛持ちだった」などの調査結果を発表した。

天気痛の自覚のある人が最も多かったのは「徳島県」、8割が「頭痛」に悩む

天気痛の自覚症状については、「天気痛を持っている」「持っている気がする」と7割近くが回答した。また、女性の半数以上が天気痛を持っていると回答しており、「持っている気がする」と回答した人も含めると、女性の8割以上が天気痛を自覚していた。

20230609_t1

都道府県別にみると、天気痛の自覚がある人が最も多かったのは徳島県で、77.6%が天気痛を自覚していたほか、日本海側よりは太平洋側、九州では東シナ海側に天気痛を自覚している人が多い傾向が分かった。

「天気痛を持っている」「持っている気がする」と回答した人に痛みや症状について聞いたところ、最も多かったのは「頭痛」で回答者の82.0%が頭痛に悩まされていた。次いで多かったのは「肩こり・首こり」(43.6%)、「だるい」(37.2%)などの症状が続いた。

20230609_t2

症状には男女差があり、3番目までは同じ症状だったが、女性の4番目と5番目には「めまい」や「眠気」が、男性の4番目と5番目には「関節痛」や「腰痛」が入り、性別による症状の傾向の違いが見られた。

週に2回以上、天気痛の症状に悩む人は3人に1人

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス