GMO、25年度新卒から「ジョブ型採用」で初年度年収570万を確約 初任給を上げる理由とは

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月06日
ogp20230125tu_1

GMOインターネットグループ(東京都渋谷区)は11月2日、2025年度新卒採用から新たな採用制度「ジョブ型No.1人財」を開始すると発表した。

同制度は、ウェブ、グラフィック、映像などのクリエイター、カスタマーサクセス、システムサポート、セールスサポートといった職種で実施。これらの職種で、特定の技能を持つ学生に対して、入社時570万円の年収や職種、勤務地を確約する。

AIの知識やEQなど、次世代リーダーに必要なスキルを評価項目に追加

また同社では、2025年度の新卒採用より新たな採用指標を採用することも発表した。通常の評価に加え、AIに関しての知識や、EQ(心の知能指数)といった同社が次世代リーダーに必要と考えるスキルなど、全10項目を入れている。

評価指標を追加したのは、グループ全体で統一の評価項目を設定することで、全社で一定のレベルの優秀人材を獲得することが狙いだという。

「100年続く企業グループになるため」新卒年収を高めに設定

同社では2023年度採用から「新卒年収710万プログラム」も実施するなど、人材獲得に力を入れている。同プログラムでは、職種は限定せずに、採用から2年間は年収を710万円に設定する。対象は以下のスキルを持った人材となる。

  • 高度な専門技術、知識、能力を持ついわゆるSTEAM人財
  • 技術や知識力だけでなく、事業計画立案などのビジネス力
  • AIや最新技術に関する専門知識
  • 著名な技術カンファレンスにおける登壇実績がありエンジニアリング力を発揮できる
  • 学生起業などの経験があり、営業力やマーケティング力を発揮できる

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス