人権DD対応済み上場企業は5割強 、未策定企業は実施方法や人材・予算不足に不安  政府調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年12月02日
1202

経済産業省は11月30日、事実上の人権侵害リスク把握のため注目の高まる、日本企業のデュー・ディリジェンスに関する対応状況・取り組み状況について調査結果を公表した。

企業活動における人権侵害リスクを把握し、予防や軽減策を講じる「人権デュー・ディリジェンス(以下、人権DD)」は、国際的に注目されている動きの一つ。企業には、自社内の人権リスク低減だけでなく、SDGsへの貢献やESG評価機関からの評価向上につながる取り組みとして、人権DDの導入を検討することが求められている。同調査では、政府が今後の政策対応を検討するにあたり、日本企業の実態や課題について把握することを目的としている。

半数以上の企業が人権DDを実施 SDGsやESGにつながる有用な取り組みであると実感

この「日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況のアンケート調査」は2021年8月末時点で東証一部・二部に上場している企業など2,786社を対象に、2021年9月3日~10月14日の期間に実施されたもの。回答企業数は760社。

そのうち、「人権方針を策定している」と回答した企業は約7割を占め、5割強の企業が「人権DDを実施している」と回答。外部ステークホルダーの関与は3割にとどまった。なお、人権方針を策定している企業においては、9割弱が経営層の承認、6割弱が社内外の専門家による情報提供を受けている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス