経営者や人事労務担当者向け「介護と仕事の両立」シンポジウム 東京都がオンライン開催

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月15日
20210915_kaigo

東京都が10月28日、主に企業の経営者や人事労務担当者に向けた「介護と仕事の両立」をテーマにしたシンポジウムをオンライン形式で開催する。無料で参加できるが、事前申し込み制で200人の定員に達し次第締め切り。

両立支援に向け企業に求められる役割について講演

基調講演のテーマは「Withコロナ時代の両立支援を考える 〜介護をめぐる社員の悩み、企業はどう向き合う?〜」。講師に介護福祉士・介護支援専門員である継枝綾子氏を迎え、コロナ禍における家族の介護など従業員が直面する新たな問題にも焦点を当て、介護と仕事の両立を支援する上で企業に求められる役割などについて講演が行われる。

介護と仕事の両立を積極的に支援する企業が事例を紹介

企業による取り組み事例の紹介では、時間外労働の免除や短時間勤務などを組み合わせて利用可能な支援制度「フレキシブル・ワーク・プログラム」を運用しているEY Japan社などが登壇。従業員の介護と仕事の両立について積極的な支援を行っている企業が、自社における取り組みや得られた変化、また介護に直面する従業員の実例などについて発表する。

また、現在も家族の介護と仕事を両立させているフリーアナウンサーの岩佐まり氏が、自らの直面した課題やそれに対して職場に求める対応など、当事者としての経験も踏まえながら継枝氏との対談を行う。

「介護と仕事の両立推進シンポジウム」開催概要

開催概要は以下の通り。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス