9月に大阪で労使関係の無料セミナー開催 10月もパワハラ対策、正規・非正規労働問題などテーマに

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月27日
20210827_a1

中央労働委員会は9月16日、近畿地区にて「これからの日本的雇用システムを考える」をテーマとした労使関係セミナーを開催する。参加費は無料で、定員は100名(要事前申込)。

同委員会は例年、裁判例や労働法制に関する情報を広く発信し、労使紛争の未然防止、および早期解決を図ることを目的としたセミナーを全国で開催している。

労使関係セミナー in 大阪~テーマ「これからの日本的雇用システムを考える」~

今回は、久本 憲夫氏(京都橘大学経営学部教授、京都大学名誉教授)を講師に迎え、「長期安定雇用主義」や「年功主義」、「労使協調主義」等の特徴があるといわれてきた日本的雇用システムが、近年どのように変化し、今後どのように変わっていくことが予想されるのかを解説する。

オンライン配信も予定しており、オンラインの場合は事前登録なしで視聴可能。後日、録画も配信される。

開催概要

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス