新政権への期待はDX推進・デジタル関連投資支援など 人材不足が各社の主な課題、という調査結果

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年12月10日
0088

公益財団法人日本生産性本部のイノベーション会議は12月9日、新政権への期待や企業のDX推進状況などを調査したアンケート結果の速報版を公表した。

2021年度の同会議では、企業のDXを促進する環境の検討を進めており、DXの普及には政府による環境整備が不可欠であることから、デジタル庁創設および新政権発足を背景として今回のアンケートを実施した。

新政権に力を入れて欲しい経済政策は「DXの推進」

コロナ対策以外で、新政権に力を入れてほしい経済政策を問うた設問では、「デジタル化の推進」が66.4%に上り、各企業が高い期待を寄せていることがわかった。また、自社の経営環境のために期待するものについても、「デジタル関連投資支援(65.0%)」となっている。

211210-1
コロナ対策以外に、経済政策として新政権に力を入れてほしいこと(3つ選択)

なお、経済政策・経営環境・生産性向上に関するどの設問においても最も期待されていることは「デジタル化の推進」、次いで「規制改革」という結果だった。

また、9月に創設されたデジタル庁に対する期待としては、「行政手続きの大幅簡素化・オンライン化」が7割を超え、次ぐ「企業のデジタル関連投資への支援」も半数を超えた。また、デジタル人材育成に関する支援を求める声も見られた。

211210-2
デジタル庁発足に対する期待(3つ選択)

DX推進で「コスト削減」に期待 課題はデジタル人材不足

各企業のDX推進状況を問うた設問では6割以上が「全社を挙げて取り組んでいる」と回答。DXに取り組む目的については、「業務効率化・コスト削減」が最も高い93.6%で、そのうち65.6%の企業は成果が出ていると回答している。そのほか、働き方改革や顧客満足度の向上を目的に掲げる企業が、約7割となっている。

211210-3
DX推進の目的および成果(いくつでも選択)

一方、DX推進を進めるにあたっての課題として、人材不足が浮き彫りになっている。DXに必要な人材が「量的に不足」「質的に不足」がいずれも84.9%で、今後、多くの企業は、デジタル人材の確保および育成について検討を進めなくてはならない。

211210-4
DXを進めるに当たっての課題(いくつでも選択)

また、「自社に合ったDXの全体戦略が立案できない(36.7%)」を課題に挙げる企業もあり、DX人材が不足する中、専門知識を備えた立場からの支援が必要と考えられる。そのほか、「コストの割には、適切な投資効果が得られない」「社内での協力が十分に得られない」という意見もあった。


同アンケートは衆院選前後の10月18日~11月8日の期間に、上場企業3,787社の経営者またはデジタル戦略専門役員を対象として行い、143社から回答を得た。速報版の詳細は、こちらから確認することができる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス