LED照明を導入するための基礎知識

LED照明を導入するための基礎知識 第2回:さまざまなLED照明製品と各製品の特徴 

株式会社OPTILED LIGHTING  商品本部長 清水 謙一
最終更新日:
2015年02月13日

LEDランプは当初は小光量、低効率そして高価格でしたが、今日では白熱電球タイプ、蛍光灯タイプ、HIDランプ(水銀ランプ、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプの総称)タイプなどほとんどすべての在来光源をLEDランプに置き換えることができるようになり、またLED照明化が経済的に成り立つようになりました

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

shimizu_photo

株式会社OPTILED LIGHTING  商品本部長
清水 謙一

経歴
大学卒業後40年間、国内の大手照明メーカーで照明機器の開発、設計、製造、経営に携わる。日本配線器具工業会(現日本照明システム工業会)会長、日本電球工業会(現日本照明工業会)理事、社団法人照明学会普及部副部長などを歴任。現在は、世界16カ国に展開するLED照明専業メーカーの株式会社OPTILED LIGHTINGにて製品開発全般に携わる。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス