東リ、男性の育児目的休暇取得率20%を目標に 「取引先や同僚に迷惑が」の不安払拭を目指す

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年04月08日
ogp20220408rev

東リ(兵庫県伊丹市)は4月7日、育児・介護休業法の改正を受け、男性社員の育児休業・育児目的休暇取得率を20%以上とする数値目標を発表した。

育児休暇の取得で「お客様やチームのメンバーに迷惑が」という不安

同社における女性の育休取得率は直近10年間で100%だが、男性社員の育児目的休暇取得率は2020年度が17.1%(6名/35名)、2021年度が9%(2名/22名)だった。なお、全社員における男女比率は男性73%、女性27%。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス