ものづくり人材不足、62%が「指導者不足」が原因 2023年版ものづくり白書

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年06月07日
ogp202300607ka_2

政府は6月2日、2023年版「ものづくり白書」を閣議決定した。デジタル化によるサプライチェーン全体の可視化や連携強化などを提言する一方、製造業での能力開発や人材育成において、6割以上の事業所で指導人材が不足していることも明らかになった。

DXでサプライチェーン全体の取り組みを可視化し、連携する重要性を提言

白書では、ウクライナ侵攻などで高まるサプライチェーンの寸断リスクに加え、人手不足および原材料やエネルギー価格高騰に伴う、生産コスト削減・適正な価格転嫁の重要性が高まる中、迅速な生産計画などに対応できるよう、デジタル技術でサプライチェーンにかかわる事業者全体で取り組みを可視化し、連携することが重要だと提言。高度なオペレーションや熟練技術者などによる高い生産性、という現場の強みを生かしつつ、サプライチェーンの最適化に取り組んで、競争力強化をはかることが必要だと指摘する。

また、グリーントランスフォーメーション(GX)の実現にも不可欠な、DXに向けた投資の拡大やイノベーションを推進し、生産性向上や利益の増加につなげ、所得への還元を実現する好循環を創出することが重要だと提言している。

製造業の人材育成、6割以上の事業所で指導人材の不足を自覚

しかし、製造業における能力開発や人材育成に関する問題として、「指導する人材が不足している」と訴える事業所は6割を超える。また、デジタル技術を活用していない企業の半数近く(47.6%)が、活用していない理由として「導入・活用できる人材が不足している」からと答えている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス