大阪・北新地ビル放火殺人事件を受けた緊急立入検査、約2割で建築基準法令違反・不十分な維持管理

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年03月29日
20220329_2ogp

国土交通省は3月28日、2021年12月に大阪市北区で発生した雑居ビル放火殺人事件を受け、全国で実施した緊急立入検査の結果、約10,000件中、約2,000件近くの建物で建築基準法令違反や不十分な維持管理状態があったと発表した。

緊急立入検査で「優先的に検査すべき」と判断された建築物

今回の緊急立入検査は、特定一階段等防火対象物のうち優先的に検査すべきだと判断された13,080件が対象。2022年2月28日までの間に10,087件に対し実施された(実施率77.1%)。

「優先的に検査すべき」だと判断されたのは、下記のような建築物だ。今回の立ち入り検査と特定一階段等防火対象物については、以前に当メディアでも紹介した通り

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス