Facebookの利用率が各年代で減少、新卒採用・広報手段の見直しも必要か 総務省が調査報告

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月30日
20210830_facebook

総務省情報通信政策研究所が8月25日、企業の広報・採用チャネルとしても広く利用されているソーシャルメディア(SNS)などを含む、各種メディアの利用に関する報告書を公表した。

この「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」は、東京女子大学現代教養学部の橋元良明教授らとの共同研究として実施したもの。2012年から毎年実施しており、今回で9回目。調査対象者は、13歳から69歳までの男女1,500人。

LINEは利用率9割超 Twitter、Instagramが同率2位、YouTubeは8割超

「Facebook」の利用率は全年代平均で31.9%。前年度の調査と比較すると40代および60代を除く各年代で減少した。特に10代の利用率は10ポイント近く減少して20%を下回った。また、全年代を通して「LINE」の利用率は一貫して増加中で、今回の調査では初めて90%を超えたことが明らかになった。

「Instagram」の利用率は調査開始以降、全年代において増加の一途をたどっており、今回の調査では「Twitter」に並ぶ利用率(42.3%)を記録した。年代別のデータに注目すると、10代と30代および50代で「LINE」に次ぐ高い利用率となっている。

動画共有系では「YouTube」の利用率が高く、10代から40代で90%を超過、男女の平均も8割を超えている。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス