企業に求められる大人の発達障がいとの向き合い方

発達障がいの従業員への対応

下村労働衛生コンサルタント事務所 代表 下村 洋一
最終更新日:
2022年06月02日
soumu20220602100

近年よく聞くようになった「大人の発達障がい」。職場において、人間関係のトラブルが発生したり、業務に支障をきたすことも少なくありません。2021年5月には障害者差別解消法の一部が改正され、合理的配慮の提供が法的義務となったため、企業の担当者はきちんと大人の発達障がいと向き合う必要があります。ここでは、発達障がい者の雇用のポイントや職場の合理的配慮などについて見ていきます。

障がい者雇用義務と発達障がい

従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があります(障害者雇用促進法第43条第1項)。民間企業の法定雇用率は2.3%です。従業員を43.5人以上雇用している事業主は、障がい者を1人以上雇用しなければなりません。

発達障がい者は、実雇用率に算定されませんが、ほかの障がいが認定され、精神障害者保健福祉手帳や療育手帳を持っている場合は対象となります。

なお、精神障害者雇用促進を目的に、2023年3月末まで、障害者雇用率の算定に、発達障がい者は、短時間労働であっても、0.5人ではなく1人としてカウントする特例が設けられています。

発達障がい者の雇用状況

厚生労働省の「平成30年度障害者雇用実態調査」によると、雇用障がい者数82万1,000人のうち、発達障がい者は3万9,000人となっており、年々増加傾向にあります。症状別では「ASD」がいちばん多く、若い世代が非常に多いことが特徴です(図表1・2)。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

y-shimomura

下村労働衛生コンサルタント事務所 代表
下村 洋一

かんだ産業医事務所所長。医師・日本医師会認定産業医・労働衛生コンサルタント・社会保険労務士。臨床医・大手私鉄専属産業医を経て、2002年嘱託産業医業務に特化した事務所を都内に開設。ライフワークは多様化した人材の就労支援を行うこと。
下村労働衛生コンサルタント事務所 Webサイトはこちらから

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス