25卒・26卒、オープンカンパニー後の早期選考に賛否両論 インターン制度への理解はこれから

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月07日
ogp20230807tu_1

インタツアー(東京都港区浜松町)は8月3日、2025年、2026年卒業の学生を対象にインターンシップについてのアンケート調査を実施、結果を発表した。

2022年6月、経済産業省・文部科学省・厚生労働省の「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方(通称:三省合意)」が改正され、2025年卒業以降は一定の基準に達した取り組みのみを「インターンシップ」と定義し、企業は参加した学生の情報を採用活動に利用できるようになった。

同調査では、インターンシップのルール変更の認知と一部の企業に見られる早期選考などについて聞いた。

インターンシップ制度変更「知っている」学生は4割にとどまる

対象の学生(N=558)に、インターンシップの制度変更について知っているかどうかを聞いたところ、「知っている」と答えた学生は41.0%にとどまった。

25卒からインターンシップ制度が変わることを知ってますか
25卒からインターンシップ制度が変わることを知ってますか

制度変更と就活への影響 大学からの広報は進むが、学生への認知浸透はこれから

「知っている」と回答した学生に対し、情報をいつどこで知ったかを聞いたところ、「大学からの情報で知った学生」が60.0%と多数を占めた。知った時期では、「2023年4月に知った学生」が38.5%で最多だった。大学で周知がはかられているものの、学生にルール変更があまり認知されていないことがわかった。

なお「変更点をきちんと把握できている」と回答した学生は51.5%で、調査に回答した学生全体の21.1%が変更点を含め理解していた。制度変更を把握した理由としては、「自分で情報収集をして補った」「以前のルールがどうだったかわからない」などの回答が寄せられた。

同調査は、変更があったことは知っているものの、就職活動にどういった影響が起きるのか認知できている学生は少数であると推測している。

ルールに従わない早期選考、どう思う? 学生の本音は

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス