TOEICから税理士試験まで 高千穂交易が99種の資格取得に最大53万円の奨励金を支給

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月10日
AdobeStock_398808225_20230810

高千穂交易(東京都新宿区)が8月9日、社員のリスキリングをあと押しするため、奨励金を支給する資格を99種に拡大したことを発表。奨励金の額をアップしたことも明らかにした。

資格のランクに応じて一時金や月次支給額を決定

改定後の資格取得奨励金支給制度では、対象となる資格を、従来の48種から大幅に増やした。資格を5つのランク(ベーシック、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ)に分類。最高位のプラチナ資格を取得した場合、最大53万円が支給される。

まず、資格取得時には、ランクに応じて1万円から5万円の一時金を支給。取得後は、ランクに応じて3000円から2万円の月次支給を最長2年間付与する仕組みだ。さらに、受験や勉強にかかる費用も支給する(上限あり)。

奨励金支給の対象となる資格は、税理士や電気工事士、日商簿記検定やTOEICなど多岐にわたる。アンケートなどを通じて、社員の意見や要望を把握しながら、年に1度見直す予定だ。

背景にはデジタル人材の育成、ITパスポートの全社員取得を目指す

今後は、「MOSアソシエイト」と「ITパスポート」の全社員取得を目指し、積極的に取り組んでいく。能力やスキルの見える化のため、将来的には、資格保有者数をウェブサイトに掲載するという。また、資格取得者が資格取得のコツなどを共有するように、社員が持続的に、学びに対するモチベーションを維持できるような企業文化を醸成していく。

「MOSアソシエイト」は、Microsoft Officeの複数のアプリケーションについて、その利用スキルを証明するもの。ITパスポートは、ITに関する基礎知識を証明する国家試験。年間応募者数は年々増加しており、2022年は25万人を突破した。

継続的にスキルをアップデートするための学習環境を整備

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス