極東開発工業、役員報酬に「中長期インセンティブ」導入 中期経営計画に合わせて変動する割合を増加

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年01月31日
AdobeStock_513875131_20240131

極東開発工業(大阪府大阪市)は1月30日、中長期的企業価値を持続的に向上させ、株価と役員報酬をさらに連動させていくよう、役員報酬制度を見直すと発表した。

役員報酬の業績変動部分をプラス、固定部分をマイナス

今回の発表は同日開催された取締役会において決議されたもの。目的は2022年から2024年までの中期経営計画 「Creating The Future As One 」における業績目標達成であり、最終年度である2024年度より「中長期インセンティブ報酬」制度を導入する。

まず、同社取締役の報酬は以下の3区分による比率で構成されていた。

  • 固定報酬
    • 基本報酬(65%)
  • 変動報酬
    • 業績連動報酬等(短期インセンティブ報酬、30%)
    • 非金銭報酬等(譲渡制限付株式報酬、5%)

これを、以下のように見直すこととした。

  • 固定報酬
    • 基本報酬(42%)
  • 変動報酬
    • 業績連動報酬等(短期インセンティブ報酬、中長期インセンティブ報酬、50%)
    • 非金銭報酬等(譲渡制限付株式報酬、8%)

    基本報酬を42%に縮小した一方、業績連動報酬に「中長期インセンティブ報酬」を追加し比率を50%に高める。また非金銭報酬の比率を8%とした。これにより役員報酬を中長期的な計画・実績と連動させる。なお社外取締役の報酬については、従前通りで変更はない。

    役員の中長期インセンティブ報酬の指標を、中期経営計画と連動させる

    新しく導入する中長期インセンティブ報酬の指標は、以下の2つ。

    続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

    • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
    • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
    • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
    • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

    ※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

    著者プロフィール

    g-soumu-editors-portrait-webp


    月刊総務 編集部

    パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


    関連記事

    • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
    • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
    • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

    特別企画、サービス