総務パーソンが押さえておきたい2017年3月のトピックス

最終更新日:
2017年02月09日

法務

執筆/小沢・秋山法律事務所 弁護士 香月裕爾

事業実体のない会社への信用保証の有効性

昨年12月19日、最高裁より、銀行の中小企業に対する融資後、その企業が事業実体のない会社であると判明したX県信用保証協会による信用保証契約が有効との判決が出されました。

本件は2009年1月、Y銀行がA社に対し、5,000万円の融資を実行し、当該融資を主債務としてX県信用保証協会が保証。A社は翌年に破産手続き開始の申し立てをしたため、Y銀行がX県信用保証協会から4,900万円余りの代位弁済を受けました。ところが、A社は融資前に他社に事業譲渡をしており、融資時に事業実体がなかったと判明したのです。そこでX県信用保証協会が原告となり、Y銀行を被告として、前記代位弁済に係る金額につき、不当利得返還請求訴訟を提起しました。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス