LIXIL、在宅勤務普及で本社ビル売却 賃貸へ移転しオフィス面積9割削減&コスト削減

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年12月07日
AdobeStock_468686147_800

住宅設備大手のLIXILは12月6日、東京都江東区の本社ビルを売却し、2022年8月から品川区の賃貸ビルに本社を移転すると発表した。コロナ禍により在宅勤務が浸透した結果、オフィス面積を9割削減し経費削減をはかるとともに、同社の働き方改革に合わせたオフィス環境の構築を目指す。

コロナ禍で出社率低下 感染収束後も働き方改革を推進

現在、同社の本社ビルには一部グループ会社を含めて約8,000人が勤務しているが、出社率は10〜15%ほど。デジタルツールの活用や在宅勤務制度・休暇制度の改革、コアタイムを設けない「スーパーフレックス」の導入などにより、多くの従業員は、決まった場所・時間で働いていた従来の働き方から、ライフスタイルに合わせた自律的な働き方へ移行している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR
  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR

特別企画、サービス