ANA、パレットで持ち込む「コンテナバリュー運賃」を新設 昼間の旅客便の空きスペースを活用

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年03月27日
ogp20240327ka_1

ANA(東京都港区)は3月25日、国内航空貨物に対し、昼間帯限定で割安な運賃を設定した「コンテナバリュー運賃」を新設することを発表した。4月1日搭載分より適用する。

トラック1台に満たない荷量の輸送を想定、パレット1つ分を直接コンテナに搭載

羽田空港発着の新千歳、伊丹、福岡空港を結ぶ路線の昼間帯の便が対象。コンテナ単位で定額運賃を設定し、トラック1台に満たない荷量を幹線輸送する際にも無駄なく輸送できるようにした。物流業界で広く普及している標準サイズのパレット1つを、そのままLE3コンテナに搭載する。

コンテナ1台当たりの定額料金のため、コンテナ積載率を上げることでコストダウンをはかることも可能。コンテナ単位の輸送は他社貨物と混載されることがないため、輸送中の破損や紛失などのリスク軽減にもつながる、としている。搭載予定日の1週間前から前日まで受け付ける。

11型パレットがそのまま収まるLE3コンテナ
11型パレットがそのまま収まるLE3コンテナ

コンテナ単位の定額料金設定、羽田発着の新千歳・伊丹・福岡便が対象

一般貨物運賃を利用する企業および個人を対象にした「コンテナバリュー運賃」の概要は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス