避難行動、備蓄品、帰宅支援ステーションなど いざというときの行動を防災週間に見直そう

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年09月05日
photoAC_25825369_20230905

8月30日から9月5日までは防災週間だ。2023年の「防災の日」(9月1日)は関東大震災から100年となる節目でもあり、内閣府ウェブサイトでは2023年1月に特設ページを開設し、個人や家庭はもとより、事業所のレベルでも防災意識を高め、日常生活から災害に対して備えることを求めている。

しかし、多くの企業で防災訓練が行われているものの、訓練が形式だけになっているという調査結果も発表されている。

千葉大学発の医療スタートアップ企業Smart119(千葉県千葉市)は9月1日、大地震発生時の正しい行動や帰宅方法をイラストでまとめたパンフレットを公開。いざというときに行動できるよう、職場に掲出したり、配布したりできる印刷用データも公開した。

また、能美防災(東京都千代田区)は9月4日、企業で購入したものの、期限切れを迎えてしまう災害備蓄品を、フードバンクへ寄付することを支援するサービスのテストに参加する企業の募集を開始した。

大地震発生時の正しい行動と帰宅方法をまとめたイラストをダウンロードしよう

Smart119のパンフレットでは、職場や学校などの外出先で大地震が発生したときに取るべき行動を、以下のようにまとめている。

  • 揺れが来たら頭を守る、出入口の確保を
  • むやみに移動を開始しない
  • 安全な場所にまずはとどまる
  • 駅周辺には近づかない
  • 正しい情報を手に入れよう
  • 安全を確認したら「安全に」「自力で」「歩いて」帰宅
  • 災害時帰宅支援ステーションの紹介

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス