今夏も5月1日からクールビズ 首都圏九都県市、関西広域連合など空調管理で脱炭素化を呼び掛け

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年04月24日
AdobeStock_392358826_20230424

首都圏の九都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)は4月21日、「エコなライフスタイルの実践・行動」キャンペーンを今年度も実施すると発表した。

同キャンペーンは、自治体自らが省エネ・節電などを率先して取り組むとともに、市民や事業者に対し、地球温暖化対策の重要性を理解し、率先して行動するよう促すというもので、毎年実施されている。

クールビズ&ウォームビズで脱炭素型のライフスタイルへ転換

九都県市「エコなライフスタイルの実践・行動」キャンペーンポスター
九都県市「エコなライフスタイルの実践・行動」キャンペーンポスター(※画像クリックで拡大)

キャンペーンテーマは、『「つづけよう」「ひろげよう」省エネ・節電』。この中では、「省エネ節電チャレンジ」として、クールビズとウォームビズを推奨する。

取り組みの推奨期間は、以下の通り。

  • クールビズ:2023年5月1日から同年10月31日まで
  • ウォームビズ:2023年12月1日から2024年3月31日まで

このほか、期間中、企業・団体などに対し、取り組み要請を行うほか、ポスターなどを通じた普及啓発やウェブサイトを活用した情報提供も行う予定だ。

東京都では具体的な対策を要請 換気・空調設備などに補助金も

東京都では毎年、環境省のクールビズに合わせ、HTT<H減らす T創る T蓄める>をキーワードに、事業者向けキャンペーン「Tokyo Cool Biz」を実施している。2022年度は事業者に対し、以下のような要請を行った。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス