模造品・権利侵害など、知財管理の成功・失敗事例から対処方法を解説する中小企業向け戦略セミナー

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年01月14日
lock-gbf8c7a8e1_1280

独立行政法人工業所有権情報・研修館は、中⼩企業の経営者・経営幹部を対象とした「経営のための知財戦略セミナー」を2月4日に開催する。現在、参加者を募集中だ。

ビジネス戦略の⼀環として知的財産の構築・活⽤は必要不可⽋であり、産業競争力を支える中小企業の経営者・経営幹部にこそ、戦略的な社内活動の取組みが求められる。本セミナーでは、そんな中小企業に役立つトラブル対処法や最新ビジネス戦略が公開される予定だ。

後発類似ビジネスへの対応、権利侵害の警告状が届いたら?など実践的な対処法・ビジネス戦略が習得できる

本セミナーは、ビジネス展開やトラブル対応を考察するケースメソッドを用いて進み、製造委託契約でのトラブルや模倣品を見つけた場合の対応などリアルな成功・失敗事例を基に、実践的な視点からトラブル対処法を習得できる。さらにマーケティング施策や事業の未来など、最新ビジネス戦略についてのプログラムも用意されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス