東京都が年末に向けて中小企業等への雇用就業対策を強化 融資限度額の引き上げ等を実施

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年11月30日
20211130_tokyo

東京都は11月29日、「年末特別」中小企業・雇用就業対策の実施内容を発表した。都内の中小企業等に対する金融対策の強化や、資金繰りや経営に関する相談窓口の夜間延長、雇用維持に向けた支援などが盛り込まれた。

背景には、新型コロナウイルス感染症との戦いが長期化している現状がある。都によると、都内中小企業の経営環境にも深刻な影響が及んでおり、完全失業率はコロナ禍以前の水準には戻っていないなど厳しい雇用情勢が続いている。こうした影響が顕著となる年末に向け、都は重点的な中小企業・雇用就業対策が必要だと判断。特別対策が実施されることになった。

中小企業制度融資「クイックつなぎ」の融資限度額引き上げ

特に資金需要の高まる年末・年度末に向けて、緊急的な資金需要に迅速に対応するため、東京都中小企業制度融資「クイックつなぎ」の融資限度額を引き上げる。これは緊急的な資金需要に対応する短期(融資期間2年以内)のつなぎ資金を融資するもので、スピーディな資金調達が可能。融資額や企業規模に応じて2種類ある。12月1日から2022年3月31日の期間内の保証申し込み分が対象。なお、都または区市町が実施している融資制度で保証協会の保証付融資制度を利用し、元金返済を1年以上継続していることなど、申し込みには条件がある。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス