20・30歳代女性、管理職を目指すには労働時間の短縮こそ必要 働き方改革の実態調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年03月25日
AdobeStock_480402241_20240325

ワーク・ライフバランス(東京都港区)は3月22日、全国の20歳以上の社会人を対象に、働き方改革の実態を調査した「第5回働き方改革に関するアンケート」の結果を公表し、社員が考える管理職に必要な要素や離職率低下・業績アップにつながった企業の取り組みの傾向などを明らかにした。

39歳以下の女性、管理職になる条件として「適切な労働時間」を重視

管理職になりたいと思えるようになるために必要な要素では、20・30歳代の女性を除いた全ての性別・年代で、「適切な評価がある」(女性:53.6%、男性:57.4%)が最多となった。

20〜39歳の女性では、「労働時間が1日6時間程度」が1位だった。この結果について同調査は、幼児の子育て期を過ごす年代で、特に家事育児時間の多い傾向がある女性は「長時間労働」が大きなハードルになるとした上で、女性活躍推進には、適切な評価があることに加え、労働時間への配慮が重要になると分析する。

「適切な評価」では、企業は私生活の事情を共有できていないケースが多いと指摘。ダイアログ(少人数でしっかりと議論する場)を設定するなど、コミュニケーションの量・質を担保することが肝要だとしている。

管理職になりたいと思えるようになるために必要な要素は?
管理職になりたいと思えるようになるために必要な要素は?

企業の実践に見る、離職率低下・業績アップにつながる取り組みとは?

調査では、「離職率低下」「業績向上」につながった企業の施策の内容についても調べた。

離職率が低下した企業が実践した取り組みでは、「各部署で今後の働き方に関する議論の時間の設定」(43.6%)が最も多かった。以下、次のような項目が上位に挙げられた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス