DX化で生産性が30%向上 中小企業の優良事例「DXセレクション2024」選定32社を発表

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年03月21日
ogp20240321hi_1

経済産業省は3月19日、中堅・中小企業などのDXのモデルケースとなるような優良事例を選ぶ「DXセレクション2024」の選定企業を発表した。グランプリ1社のほかに、準グランプリ4社と優良事例27社の合計32社が選ばれた。

グランプリ受賞企業は生産性30%向上、営業利益率4.5%アップ

浜松倉庫のDX推進による成果
浜松倉庫のDX推進による成果(※画像クリックで拡大)

グランプリに選ばれたのはDX化によって生産性30%を実現した浜松倉庫(静岡県浜松市)。倉庫業を営む同社は、2015年から若手管理職を中心とした社内プロジェクトを立ち上げ、DX推進に向けた検討を開始。その後、ロボット・AI・BIツール・新倉庫などを進め、「省力化・省人化の実現」「ステークホルダーとの協業体制」「新分野への参画」の実現を目指した。

同社の事務系の業務では、DXに取り組む前はデータ入力に必要な時間は1日の業務時間の80%を占めたが、DX推進後は5%に低減した。現場の業務では、以前は「経験と勘」で進捗を判断していたが、DX推進後は迅速で適正な人員配置が可能になった。その結果、生産性が30%向上し、営業利益率4.5%アップを達成した。

DXによって年間8800時間の工数削減や受注件数11倍の企業も

準グランプリに選ばれた4社のDXの取り組み内容や成果は以下の通り。

金属加工業のリノメタル(埼玉県八潮市)

社内のナレッジや情報などをデジタルデータ化していつでも活用できるよう取り組んだほか、5年間で28個のクラウドサービスを導入。その結果、大型案件の受注に成功し、売上高が向上。全社的に業務効率化やノウハウ蓄積、情報の一元管理などを実現した。

不動産業のトーシンパートナーズホールディングス(東京都武蔵野市)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス