日本生命、団体年金保険の予定金利を1.25%→0.50%に引き下げ 確定給付型企業年金など

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年04月07日
331088520_800

日本生命保険(大阪府大阪市)は4月6日、2023年4月から確定給付企業年金保険など団体年金保険の予定利率を現行の年1.25%から0.50%へと引き下げると発表した。

第一生命も2021年に団体年金保険の予定利率引き下げ

同社は団体年金保険一般勘定の確定給付企業年金保険のほか、厚生年金基金保険(H14)と新企業年金(H14)も同様に引き下げる。顧客からの引受額に応じて徴収する手数料率についても、上限を0.50%から0.35%に引き下げる。

料率改定後においても、上記3保険については原則として新たな引受は実施しない。新たな申込については、2022年4月に発売した「ニッセイ一般勘定プラス(確定給付企業年金保険一般勘定特約(2022))」で受け付けている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス