肩ポンはハラスメント? 職ハラ被害者3分の2は会社に報告せず、対処方針の不明瞭さが課題

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年11月18日
ogp20221118ka_1

識学(東京都品川区)が11月17日、ハラスメントに関する調査結果を公開。職場でハラスメントが起きても、約3人のうち2人は「会社に報告していない」ことが明らかになった。

ハラスメントと感じる行為トップは「肩に触れる」、こんな「○○ハラ」エピソードも

「ハラスメント」だと思う行動については、半数以上が「肩に触れる(58.7%)」「酒をつがせる(53.3%)」を選んだことが明らかになった。「人の服に触れる(49.3%)」のは男女ともに半数近くがNGだと感じている。続く「恋人がいるか聞く(43.7%)」や「結婚しているか聞く(34.3%)」は、男女で少し差異が見られる。

ハラスメントだと思う行動
※画像クリックで拡大

「経験、もしくは目撃した○○ハラスメント」を聞いたところ、以下のエピソードが寄せられた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス