定年を75歳に延長、働く意欲のあるシニアを応援 組織の新陳代謝を促す狙いも 資さんうどん

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月09日
ogp20230809tu_b1

北九州の老舗うどんチェーン「資さんうどん」を展開する資さん(福岡県北九州市)は9月から、定年を現在の65歳から75歳に延長する新人事制度を開始する。

シニア層従業員のモチベーションアップとともに、若手社員が挑戦できる風土を整える

9月から開始する新人事制度では、60歳以降、年度評価と自身の判断により、再任用コース・生涯現役コース・メンターコースの3つのコースから働き方を選択できる。各コースの概要は以下の通り。

  • 再任用コース:特例として60歳を超えても店長や部長、課長などとして働き続けることができる
  • 生涯現役コース:ベテラン社員として、現場で活躍できる
  • メンターコース:これまで培ってきた経験や知識を基に、主に後輩の育成に取り組む

役職定年年齢は現行の63歳から60歳へと引き下げるが、選択可能なキャリアプランを用意し、頑張りに応じて評価することで、働くことに対するモチベーションを高める。同時に、若手従業員がチャレンジできる風土を整え、組織の新陳代謝を促すのが狙いだ。

なお64歳以上の社員には、年2回の健康診断が受診でき、定期的に「ライフプラン研修」も実施する。自身の体調と向き合いながら、セカンドライフの過ごし方を考える機会を提供するとしている。

65歳の定年後は「選択定年制」に移行 70歳以降に再雇用もあり

65歳以降(65歳~70歳)は、「選択定年制度(1年更新)」に移行する。自身のライフプランに合わせた働き方を提案し、モチベーションを維持しながら、働きがいにつなげていく。

71歳からは、「再雇用期間(半年更新)」として、週3日の休みを確保。健康状態を鑑みながら、無理なく安心して働ける職場環境づくりを目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス