3月末~4月上旬の引っ越し、予約混雑で高コスト 「分散引越を」国土交通省が状況を公開

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年03月07日
1402068_s

国土交通省は3月4日、2月18日時点での引っ越しの予約状況について発表し、2022年3月上旬から中旬、または4月中旬以降に引っ越し時期の分散(分散引越)について協力を要請した。

3月後半~4月上旬の引っ越し、すでに予約混雑中

国土交通省が取りまとめた大手引っ越し事業者から聞き取った予約状況によると、今年春は下記の通り、3月19日(土)と3月25日(金)以降、4月3日(日)までが引っ越しの予約で混雑している。

引っ越し予約状況カレンダー
引越予約状況カレンダー

上記の情報は、国土交通省が全日本トラック協会の協力のもと大手引っ越し事業者5社から収集した情報。一部の引っ越し事業者からの聞き取りによるものであり、事業者によって予約可否が変わる場合があることに注意が必要だ。

分散引越にすれば、引っ越す側にもメリットが多い

オフィスの移転や、会社都合で転勤する従業員の引っ越し料金を会社で負担する場合にも、混雑時期を避けて引っ越しの計画を立てることはメリットがある。

国土交通省は例年、引っ越し時期の分散、民間企業の異動時期分散化の検討などについて、経済団体等を通じて呼びかけており、引っ越し時期を分散させた利用者からは下記のような意見が得られている。

  • 3月末の土日の引っ越しと比べて、引っ越し代金が安くなった。
  • 会社の従業員の引っ越しに係るコストを抑えることができた。
  • 3月の最終週から引っ越し時期をずらすことで、予約が取りやすくなった。

今回の発表内容は国土交通省のウェブサイトで、分散引越に関する政府の取り組みや情報はこちらから確認できる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス