白ナンバーのアルコールチェック義務化に向け、DNPが安全運転管理アプリ販売 管理者通知機能も

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年12月14日
336579336_800

大日本印刷(東京都新宿区)は12月13日、グループ会社のDNPアイディーシステム(東京都新宿区)と共に、アルコール検査等の運転前後の確認業務をリモートで行う「安全運転管理アプリケーション mamoru」の販売を2022年春に開始すると発表した。

同アプリは、2022年4月から義務化される白ナンバー事業者へのアルコールチェックに対応している。

白ナンバー車両保有企業に対しても運転者へのアルコールチェックが義務化

飲酒運転の取り締まりを強化するため、2022年4月に道路交通法の施行規則が改正される。これにより、自家用車と同じ白地のナンバープレートの車両を保有する事業者(白ナンバー事業者)も、目視でのアルコールチェックが義務化され、2022年10月からはアルコール探知器を使用した確認が必要となる。

業務上、車両を使用する企業においては、これまで以上に法令遵守の徹底が求められることとなり、運転者本人や企業の社会的信用を守るための取り組みを検討しなくてはならない。

チェック結果の管理者通知機能でタイムリーな確認、運転免許証のICチップ読み取り機能も

同アプリケーションは、ネクストリンク(東京都品川区)製のアルコール検知器をスマートフォン(iOS、Android)やタブレット(iOS)に接続し、運転免許証のICチップ読み取りによる確認やアルコールチェック、 体温測定の記録をサポートする製品。

時間や場所を問わずチェックを実施することができ、また、チェック結果を管理者へ通知する機能もあるため、タイムリーな確認ができる。

主な機能は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス