マスク着用が3月13日から「個人の判断」に、職場ではどうする? 通勤電車は?  政府方針発表

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年02月13日
ogp20230213tu_4

新型コロナ対策のマスク着用について、政府は、3月13日から屋内・屋外を問わず個人の判断に委ねるとした上で、医療機関受診時や通勤ラッシュ時間帯など混雑した電車やバスに乗車する際には、マスク着用を推奨するなどとした方針を決定した。

政府が公表した公共交通機関でのマスク着用の考え方によると、「屋内では基本的にマスクの着用を推奨する」とする現在の取り扱いを改め、着用は個人の判断に委ねることを基本とし、おおむね全員の着席が可能な新幹線・通勤ライナー・高速バス・貸切バスなどではマスクを外すことができるとしている。一方、通勤ラッシュなど混雑した電車やバスでは、周囲への感染を防ぐため、引き続きマスク着用を推奨する。

3月13日以降は、企業活動の内容に応じてマスク着脱・着用を柔軟に決められる

企業などの事業者については、マスク着用は個人の判断に委ねられるものであるが、感染対策上の理由や業務内容によっては、マスクの着用を求めることは許容されるとした上で、各業界団体に業種別ガイドラインの見直しを行うよう求めている。

今回、業種別ガイドラインに追加・変更された項目は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 車両工事不要! アルコールチェックとエンジン始動の連携で酒気帯び運転ゼロへ! PR
  • 導入する企業・施設が増加中のAED 設置場所やメンテナンスのポイントは? PR
  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR

特別企画、サービス