職場のエアコン問題「26℃設定」が3割、クールビズは小規模企業で進まず 帝国データバンク

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年07月14日
AdobeStock_449255777_20230714

帝国データバンク(東京都新宿区)は7月13日、夏の電力使用量の削減に関する企業アンケート結果を発表、有効回答1277社による、夏場の職場のエアコン温度の平均が26.2℃となったことを明らかにした。

夏場の節電対策では、企業規模にかかわらず6割以上が「こまめな消灯」を実践しているが、クールビズへの取り組みは企業の規模によって差が見られた。なお、休暇取得の推奨や稼働・営業時間の短縮といった「働き方を変えるような対応策」に着手している企業も2割弱見られた。

職場のエアコン温度問題、3割が「26℃」設定

職場で推奨する夏場の冷房温度は、「26℃」とする企業が30.7%と最も多かった。規模別、業界別、地域別に見ても大きな差は見られず、平均26℃程度に収まる傾向が見られた。回答企業全体の平均は26.2℃だった。

企業からは、「室温を27℃以上28℃未満に保つため、冷房の設定温度は26℃にしている」(金融)や「28℃設定で冷房効果が薄く労働の効率が悪いため、あえて25℃程度にしている」(専門商品小売)といった声が挙がっている。

推奨する夏場の冷房温度

電力量の削減策は? 「消灯」「設備の見直し」が上位、クールビズへの取り組みは企業規模で違い

自社での電力使用量の削減および電気料金値上げへの対応・検討策では、3分の2の企業が「こまめな消灯」に取り組んでいることが明らかになった。

こまめな消灯以外で電力を使わない主な取り組みでは、以下が上位に挙げられた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス