マイナビ調査「フルリモート勤務の新卒は早期離職しにくい」傾向 ほか「有給申請はテキスト」など

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月05日
ニュース用_社内コミュニケーション

マイナビ(東京都千代田区)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』は8月4日、2021年に新卒入社した男女(新入社員)800人を対象に行った「2021年新入社員の意識調査」の結果を公開した。

今回の調査は6月25日(金)~6月28日(月)に実施され、コロナ禍での就活を経て入社した新入社員に対して、会社への帰属意識、コミュニケーションの傾向、勤続予定年数などを尋ねた。

女性はライフステージの変化に合わせた働き方を希望

現会社を「3年以内に退職予定」「10年以内に退職予定」「定年までいたい」という回答は、前年とほぼ同数となった(前年比0.3pt〜1.3pt減)。また、男女別に見ると女性のほうが今の会社で長く働くイメージを持っていないことがわかる。

今の会社であと何年ぐらい働くと思うか

その理由を聞いたところ、女性からは「ライフステージに合わせて働き方を変えたいから(結婚・出産など)」などの回答が寄せられた。

今の会社で、長く働くと思わない理由

フルリモート勤務者の早期離職意向は低いことが明らかに

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス