サッポロHDが「全社員DX人財化」研修でeラーニング開始 選抜メンバーから高度人財の育成も

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年04月08日
AdobeStock_547939436_20240408

サッポロホールディングス(東京都渋谷区)は4月5日、2022年から取り組んでいる「全社員DX人財化」を目指したプログラムの内容を強化してeラーニングを始めると発表した。また、選抜されたメンバーに対して、DX・IT高度人財育成についても新たに開始する。

初級・中級・上級の3段階でeラーニングを選べる

同社は2022年からDX・IT人財育成プログラムを開始。2年間で全グループの社員およそ6000人のDX基礎リテラシー向上と、DX・IT基幹人財900人の育成を完了したという。

2024年からはこれまでの研修を踏まえ、習熟レベルが異なる社員に合わせてレベルアップを目指す。具体的には、DX教育サービス「SIGNATE Cloud」を活用して、初級・中級・上級の3段階で研修内容を準備。各自のレベルに合わせてeラーニングを選び、受講することが可能になる。

サッポロホールディングスのDX・IT人財育成プログラム
サッポロホールディングスのDX・IT人財育成プログラム(※画像クリックで拡大)

研修では、知識のインプットだけでなく、BIツールの使い方やデータ分析、DX企画、プロジェクトマネジメント手法といった実践的な内容を取り入れる。受講が終わってからは、アセスメントを実施して、全社員のスキルを可視化。これにより、今後の人財育成やDX活動方針につなげ、DXによる成果を早期に創出する狙い。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス