企業に求められる「人権尊重のためのガイドライン」公表 3つのポイントで整理

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年09月15日
ogp20220915mo_1a

経済産業省は9月13日、ビジネスと人権に関する関係府省庁の会議を開き、「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を策定した。

同ガイドラインは国連指導原則などの国際的基準に基づいて作られており、政府は、日本で事業活動を行う全ての企業・個人事業主は、ガイドラインに則り、国内外における自社・グループ会社、サプライチェーン上の企業を含むビジネス上のさまざまな関係先の人権尊重の取り組みに最大限努めるべき、と定めている。

人権尊重のために企業が取り組む3つのポイント

同ガイドラインでは、企業が人権尊重責任を果たすための取り組みを以下の通り整理している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス