ものづくり企業のESG価値向上を支援 東京ガスがウェビナーを開催

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年11月24日
20111124_ogp1

東京ガスは12月3日、「ESG価値向上を実現する現場主義のものづくり戦略」をテーマとしたオンラインセミナーを開催する。「現場と本社の連携」および「デジタル化」をキーワードとした講演や、競争戦略を具現化する各種ソリューションの紹介を予定している。

参加費は無料。先着200人の事前登録制としており、主に製造業の経営層、経営企画・総務・調達担当者を対象としているが、ESG価値向上に向けた課題解決事例に興味のある参加者も受け付けている。

SDGs経営がスタンダードに ユーロ圏、ESGへの配慮がなければ契約困難

2006年に国連が責任投資原則を定めて以降、持続可能性を重視するESG投資は急速に拡大。世界中の企業がSDGsを経営に取り込むことで、ESG投資を呼び込もうと力を注いでいる。

経済産業省では2019年6月、企業のSDGs経営によるESG投資の呼び込みをあと押しするため「SDGs経営/ESG投資研究会報告書」を公表。同報告書の中で、欧州投資家はESGの意識が高く、既存の運用にESGを取り込まなければ契約することができず、選考時に落とされるのが欧州、特に北欧・ユーロ圏の流れであると言及している。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス