働くうえで重視するのは「仕事の内容、種類」「通勤時間、勤務地」 就業意識に関するネット調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月11日
meetings-1149198

伊藤忠グループのリサーチ会社、マイボイスコム(東京都千代田区)は8月4日、「就業意識に関するアンケート調査(第6回)」の結果を公開した。

同調査は2021年7月1日~7月5日で実施されたもので、回答者数は10,110件。回答者の男女の割合は男性55%・女性45%。

「仕事の内容、種類」「通勤時間、勤務地」を約5割が重視

「働く上で特に重視する点(複数回答)」という設問に対し、「仕事の内容、種類」と回答した人は53.4%。続いて多かったのは「通勤時間、勤務地」の52.1%で、「給与水準」「労働時間」「休暇日数、休みのとリやすさ」はそれぞれ40%台となった。

なお、「通勤時間、勤務地」「労働時間」「休暇日数、休みのとりやすさ」「就業形態(正社員、契約、パート、自営など)」「人間関係(上司や同僚)」を重視するとの回答は、女性の割合が男性を大きく上回ったという。

「現在の仕事に対する満足度」は2018年調査より増加

「現在の仕事にどの程度満足していますか?」という設問では、「満足」「やや満足」と回答した人は合わせて66%となり、2018年に実施した前回調査に比べ、5.7ポイント増加した。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス