NTTデータ先端技術、社員がサステナ経営について熱論! 「Intelli女子部」が座談会開催

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年07月09日
ogp20240709mo_1

NTTデータ先端技術(東京都中央区)は7月8日、社員が同社のサステナビリティ経営(持続可能な経営)について意見交換する座談会を開催したと発表した。有志の女性社員による社内コミュニティ「Intelli女子部」の発案によるもので、参加者からは、「サステナビリティ経営は単なる慈善活動ではなく、企業価値を高める活動であることがわかった」などの声が聞かれた。

「自社のサステナビリティ経営をより深く知りたい」社員の声をきっかけに開催

同社はNTTデータグループの一員として、サステナビリティ経営に取り組んでいる。今回の座談会は、同社やNTTデータグループ全体が推進する「サステナビリティ経営」を、より深く学び、現場で働く社員自身の目線で話し合いたいという所属メンバーの希望によって実施が決定した。

企画した「Intelli女子部」は、有志の女性社員が「女性社員もいきいきと、そして長く一緒に働き続けられるような会社であってほしい」と立ち上げた社内コミュニティ。組織や職種の枠を超え、業務内容を問わず社員同士が連携することを目的としている。

座談会では、前半にNTTデータグループサステナビリティ経営推進部の金田晃一氏が「サステナビリティ経営」とはどういった考えなのか、サステナビリティという考えを通じ企業が社会課題にどう向き合っていくべきかについて解説。後半では、解説を受け、参加者それぞれの感想やサステナビリティへの想いを語り合った。

座談会を通じ、業務と社会のつながりを自分ごと化

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス