アドバンテスト、20歳代で管理職登用も 養成プログラム履修は「挙手」で応募する新制度

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月13日
AdobeStock_549593847_20231113

アドバンテスト(東京都千代田区)は11月10日、人的資本経営の一環として、「挙手制」による新たな管理職候補育成・管理職登用制度「MP-1(Management Program 1)」を導入したと発表した。

入社4年目からエントリー可能 12科目のプログラムに合格すれば管理職に

同制度では、年齢・性別を問わず、やる気と能力のある従業員に、管理職にチャレンジする機会を提供する。受講者は上司や事業部などの推薦でなく、本人の応募に基づき、選考の上決定される。

管理職登用の条件は、リーダーシップ・マネジメント・コーチング・語学・論文・グループ研修・役員面接など12の科目全てを履修し合格すること。

「MP-1」修了者は、管理職のポジションが空き次第、社内公募または人事異動により管理職に採用される。新卒入社の場合、入社4年目から応募可能で、たとえば20歳代で管理職に登用されることもできる。同制度による登用開始は2025年の予定。

なお、当面の間は、グループ会社は含まず、同社社員のみを対象とする。

従来の本部長推薦に基づく役員面接だけでは管理職昇任の平均年齢が上昇

同社グループでは、約6割の従業員が海外で勤務しており、個人・組織として、ビジネス環境の変化に、より機敏に対応することが求められているという。

こうした中、同社は、すでに導入済みの社内公募制度のほか、職務に基づく等級・報酬、評価制度の管理職への導入(移行中)を実施するなど、グローバル経営への対応をはかっているが、管理職への登用については、原則、本部長推薦に基づく役員面接としており、新任管理職の平均年齢上昇や早期登用の難しさが課題となっていた。

昇格は自らの手でつかみ取れ ミドルマネジメントのキャリア自律を加速する動き

同社以外にも、会社による判断ではなく、いわゆる本人の「手挙げ」によって、昇格審査の対象を決定するという企業が増えている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス