DXが最も進んでいない地方は四国 「よくわからない」、「費用対効果が見えない」などが壁に

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年03月24日
illustAC_22651840_20230324

リコー(東京都大田区)、リコー・ジャパン(東京都港区)は3月23日、顧客である中堅中小企業約2700社を対象に実施したDX(デジタルトランスフォーメーション)に関するアンケート調査の結果を公表した。

経営者の半数以上が「DX、まだよくわからない」状態

中堅・中小企業ではDX推進の決裁権限は経営者が持っているケースがほとんどだが、調査結果によると経営者の57.2%がDXについて「理解していない」「あまり理解していない」「わからない・どちらともいえない」と回答した。

経営者のDX理解度調査

また、経営者の個別回答では「業務との関連性が見えない」(運輸業)や「DXを活かす余地がない」(学術研究、専門・技術サービス業)、「DXについて知らない」(建設業/建築)との声があがり、DXに対して経営者の理解が進んでおらず、マイナスの印象を持っていることが、DXの進まない一因となっていることが浮き彫りになった。

DXが進まない理由は「費用対効果が見えない」

また下図の通り、DXに対する必要性については現場も含めた企業全体で見ても、63.1%が「DXが必要」「ある程度必要」と答えたものの、実際の取り組み状況について「DXに取り組んでいる」と回答した企業は19.1%と2割を下回った。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス