中央日土地が、オフィス一部フロアを刷新 コミュニケーションを加速するワークスペースを提案

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年09月27日
ogp20230927tu_1

中央日本土地建物グループ(東京都千代田区)は9月26日、子会社の中央日本土地建物(東京都千代田区)が、東京・虎ノ門にある自社ビルの一部フロアを改装し、新コンセプトのセットアップオフィスと、今後のオフィスの在り方を研究する施設(R&D拠点)を開設すると発表した。

内装付きオフィスとして貸し出すセットアップオフィスでは、コミュニケーションの活性化を重視し、多彩なソフトコンテンツ・サービスを提供する。

R&D拠点の名称は「NAKANIWA(ナカニワ)」。ここでは、ワークスペース・人・環境の3つの軸の下、オフィスの新たな付加価値を開発・検証を行う。

17のエレメントを活用、多彩なコミュニケーションを生み出すオフィス

8階に設けられるセットアップオフィスのコンセプトは、多彩なコミュニケーションを生み出すことを表す「カラフルコミュニケーション」。

17のエレメント(空間・ツール)を活用し、入居後、速やかにオフィスを利用するためのソフトコンテンツ・サービスの提供だけではなく、企業やここで働くオフィスワーカーのパフォーマンスの最大化を目指す。

新オフィスは、人工芝とクッションを配したコーナーや、自由に配置を変えることのできるデスクなど、出社する人数に応じてフレキシブルに働くことができる仕様を基本とし、共用スペース内のラウンジには、テーブル・椅子のほか、木製の階段状スペースやベンチ、コーヒーカウンター、キッチンスペースも設置する。

即入居可能・即解約可能・入退去費用抑制という一般的なセットアップオフィス機能だけでなく、ワーカー同士のコミュニケーションを促進するさまざまな仕掛けが施されている。なおオフィスは、入居企業の意見を踏まえながら、継続的にブラッシュアップしていく。

新オフィスを構成するエレメントの一例 (左)靴を脱いで寛げる畳の小上がりと/(右)交流がはかれるカジュアルな雰囲気のエントランス
新オフィスを構成するエレメントの一例 (左)靴を脱いで寛げる畳の小上がりと/(右)交流がはかれるカジュアルな雰囲気のエントランス

オフィスを4つにゾーニング、オフィスワーカーは働き方や気分に合わせて使い分けできる

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス