物流「2024年問題」が社員の引っ越しに与える影響とその対策

株式会社プロレド・パートナーズ 梶浦 悠
最終更新日:
2022年10月17日
20221008_01

社員の人事異動に伴い発生する引っ越しコストを積極的に見直している企業は、あまり多くはないのではないでしょうか。引っ越しコストの見直しが積極的に行われない理由は、ほかのコストと比較して金額が大きくないことです。さらに、コストより引っ越しのスケジュール確保や作業品質を優先する傾向にあり、引っ越しコストの見直しや交渉の優先度が高くないことも理由として挙げられます。 しかし、物流業界で課題となっている「2024年問題」が目前に迫る中、「引っ越し日程が人事異動のスケジュールに間に合わない」「引っ越し費用が2倍以上になる」という最悪のケースも予想されます。本稿でご紹介する引っ越しのポイントを参考に、早いタイミングでコストの見直しに着手することをお勧めします。

※2024年4月1日に施行される働き方改革関連法に伴い、物流や運送業界で懸念されるさまざまな問題のこと

市況(引っ越し難民~2024年問題)

まず、なぜ上述のような最悪のケースが予想されているのか、引っ越しを取り巻く市況について簡単にご説明します。いずれも年数のみ記載していますが、主に3月から4月の引っ越し業界の繁忙期について記載しています。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

20221008_02

株式会社プロレド・パートナーズ
梶浦 悠

国内大手物流会社にて、グローバルに展開する製造業/製造小売業を中心に、国内外の拠点立上げ、調達改善、WMSの設計~導入、現場の生産性改善、Eコマースへの対応など多数の実績あり。プロレド・パートナーズ入社後は、物流チームのプラクティス・リーダーとして、各種幅広い物流課題の解決に向けたプロジェクトをリード。現在は、物流セミナー「3PLの値上げ要請への対処方法と交渉術」のプレゼンターとして講演中。

関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス