経理の3人に1人、法人カードで「従業員の不正利用」の経験あり 法人間決済で「ヒヤリ」7割

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年07月21日
AdobeStock_452442240_20230721

UPSIDER(東京都港区)は7月19日、法人間決済に関する不安や実体験について、経理担当者などに実施したアンケート調査の結果を公表した。調査結果によれば、経理担当者の3人に1人が、社員が法人カードと個人のクレジットカードを間違えるなどの「うっかり」も含む不正利用の経験があることがわかった。

経理の7割が法人間決済で「ヒヤリ」を経験

調査では「法人間の決済でヒヤッとした経験があるかどうか」について、経理担当者の約7割が「ある」と回答。経理担当以外の回答者は「ある」と「ない」がほぼ同数の回答となった。

これまで、法人間の決済で「ヒヤッとした経験」はありますか?
UPSIDER調べ

「ヒヤッとした経験」をさらに詳しく聞いたところ、「把握していないサービスの請求が届いた」(33.2%)が最も多く、次いで「法人カードと個人のクレジットカードを間違えて、プライベートで利用された」(32.8%)「支払い期限が過ぎた請求書を連携された」(32.5%)の順だった。社員による法人カードと個人のクレジットカードの間違えだけでなく、経理担当者以外で対応すべき稟議りんぎや支払申請などの事務作業の抜け漏れも経理担当者の約3人に1人が経験していることがわかった。

同社は「法人カードと個人のクレジットカードの取り違えは、利用者の意識付けだけではなく、利用先や利用可能な金額や期間などを制限できる法人カードを選ぶことで防止できる。カードの決済情報をリアルタイムで確認できる法人カードを選ぶことも重要だ」としている。

9割が「業務には法人カードを利用したい」

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス