企業における美術品管理

企業における美術品管理 第3回:作品の手入れと評価額の見直し

一般社団法人 芸術資源マネジメント研究所  理事 箱守 栄一
最終更新日:
2013年06月11日

日本には少ない修復家

前回までのお話で保存と展示について理解していただけたと思います。

今回は美術作品の手入れについて解説したいと思います。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

hakomori_photo

一般社団法人 芸術資源マネジメント研究所  理事
箱守 栄一

経歴
【1948年】
東京都で生まれその後仙台、松本、高松、東京で育つ。
【1970年】
立教大学経済学部経済学科卒業
東京海上火災保険株式会社(現東京海上日動火災保険株式会社)に入社。
2000年6月末まで海上保険業務部門、営業部門に従事し、25年にわたり美術展の保険引き受けを専門に担当するかたわら、1991年慶応義塾大学文学部で開講したアートマネジメント講座で講義をしたのをきっかけに美術品のリスクマネジメントをより深く考察し現在に至る。
【2000年】
慶應義塾大学大学院でアートのリスクマネジメントについて春学期非常勤講師を現在に至るまで務める
【2011年】
美術品の国家補償制度創設にかかわり、創設後美術品の政府補償制度部会委員に就任。
【2012年】
東京海上日動火災保険株式会社定年退職後、一般社団法人芸術資源マネジメント研究所設立理事に就任。

関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス