パワハラ防止法(1)その条文、趣旨、対象

法務・労務・総務問題ライター 高橋 孝治
最終更新日:
2021年05月31日

 世間では、「パワハラ防止法」の施行が話題になっています。これはどのような法律なのか見ていきましょう。


■パワハラ防止法の条文、趣旨


※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • k_takahashi
  • 法務・労務・総務問題ライター
    高橋 孝治

  • 経歴 特定社会保険労務士有資格者、行政書士有資格者、ビジネス実務法務検定準1級試験合格者、日商簿記検定1級試験合格者、国会議員政策担当秘書有資格者、会計MBA、法学博士。 法務や労務問題の全領域に精通している。50回以上の講演を行い、学術論文は100本以上公刊している。「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)にも有識者として出演した。その他、『読売新聞』、『産経新聞』の記事内にも専門家としてコメントが掲載されている。 実は本当の専門は、中国・台湾の法律、中国法務だったりする。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』、『中国社会の法社会学』など他多数。 メッセージ 連絡やコンサルティングのご依頼は、以下の論文の執筆者氏名の横に書かれているメールアドレスまで http://www.union-services.com/sst/sst%20data/4_189.pdf

特別企画、サービス